当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【今週の一冊】『男装のパルトナー』感想。浅月のりと先生の男装女子愛が炸裂の一作!

 

みなさんこんにちは、【今週の1冊】として毎週、直近に読んだ作品(時には古い作品も!)をご紹介するマンガフルライターの神門です。

皆さんが作品を購入するご参考にしていただければと思います。

今回ご紹介するのは

『男装のパルトナー』 

です。

 

『ぜんぶきみの性』の浅月のりと先生がまた新たに送り出した男装作品がこちらです。

タイトルからして男装モノというのが分かりますね。

昔からいわゆる

  • 女装潜入モノ
  • 男装潜入モノ

 

とうのは定番の一つでした。

なぜ男装するのか、女装するのか。

そしてまた、性を偽ることによるドタバタであったり、ちょっと倒錯的なラブコメであったり。

お約束的な展開が多くとも楽しめるからお約束として定着しているわけであり、それをどう面白く見せていくかが一つのポイントとなるわけですね。

 

本作の主人公は、とにかく存在感が薄く目立たない男子高校生の政宗光流。

ある日、政宗が通う高校に一人の転校生がやってきます。

白銀の髪に碧い目をしたドイツからの留学生・レオです。

レオは、寮で暮らしている政宗のルームメイトとなりますが、寮暮らしをしている中で政宗はレオが実は女の子であることを知ってしまいます。

あっさりバレるけれど、本当に訓練された潜入捜査要員なの? という疑問はさておき

『男装のパルトナー』 1巻 浅月のりと/スクウェア・エニックス より引用

 

レオの秘密を知ってしまった政宗は、レオの協力者としてレオの高校生活をサポートしていきます。

そんな中で、世間知らずのレオに振り回されたり、同じ部屋で暮らすレオの無防備さにドキドキしたり、というドタバタラブコメです。

でも、そもそも男子校でもない共学の高校に、わざわざ男装して入学してくるってなんで!?

というのがありますが、一応、レオはある組織の潜入捜査としてやってきており、必要だからやっているらしいのですが・・・

それにしてもわざわざ男装で、というのは今後、明かされていくのでしょうか。

 

レオは幼いころから様々な訓練を受けてきており、運動神経は抜群で喧嘩(戦闘)も強いのですが、いろんなところで物知らず。

学校に通ったことがないので、ごく当たり前のことを知らないが故に政宗は振り回されることに。

また生まれや育ちが特殊ということもあってか、政宗に女だとバレてからは、二人の時は特にそれを隠そうともしません。

恋愛や性に関する知識は小学生レベルかというくらいなので、政宗にも無防備に接してきて距離感も近くて、ごく普通の男子高校生の政宗には刺激が強いことばかり。

ルームメイトで避けるわけにもいかず、レオとの少しエッチなハプニングに日々悩まされます。

同じ部屋となれば添い寝イベントは欠かせない?

『男装のパルトナー』 1巻 浅月のりと/スクウェア・エニックス より引用

 

真面目で奥手な男子と、無防備な男装女子。

設定と展開はツボをおさえたものであり、この手の作品が好きな方なら間違いなく楽しめるはず。

作者さんも言われていますが、作者さんの「男装女子愛」がさく裂した作品となっております。

 

レオが今後、乙女になっていくのか?

はたまた政宗が憧れている女の子、十文字さんが絡んでくるのか。

その辺、楽しみにして続きの展開を待ちたいです!

 

※なお、本作はマンガUP! で読むこともできますのでよろしければ!

 

Visited 102 times, 3 visit(s) today




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社畜として働きつつ、漫画と小説と野球に癒される日々。人生を変えた作品は「女神転生」。プロ野球を愛しベイスターズを愛する。 熱血王道もの、血飛沫舞うバトルものから美少女百合ものまでなんでも好む。特に「無限の住人」の美しい殺し合い、「はやて×ブレード」のバカバトルが好きです。