【今週の一冊】『春夏秋冬 完全版』感想。蔵王大志&影木栄貴の人気BL漫画家の初百合作品の完全版が刊行!

こんにちは、マンガフルライターの神門です!

【今週の一冊】と題して、直近で読んだ作品(新作もあれば旧作も)をこの週末の金曜日にご紹介しています!

今回ご紹介するのはこちら!

『春夏秋冬 完全版』

先週に紹介した『殺し屋やめたい!』とほぼ同時に発売され、どちらを先にしようかと思ったのですが、『殺し屋やめたい!』の方が新作なのでそちらを優先してしまいました!

ので、今週は改めて(?)、『春夏秋冬 完全版』を紹介します!

ちなみに、「はるなつあきふゆ」という読みになりますので、間違いのないようご注意を!

”完全版”と謳っているように、本作品は2007年に発売された単行本に、同人で描かれた作品や描き下ろしも含んだ豪華版になっています。

 

 

本作を初めて手にして読んだのは、百合が今ほど世間に認知されていない百合黎明期(?)である2000年代の前半。

今も刊行されている「百合姫」が、まだ前身の「百合姉妹」時代に掲載されたものでした。

描いているのは、蔵王大志先生(作画)と影木栄貴先生(原作)のコンビ。

このお二方、BL作家として活躍されている中で、なんといきなりの百合作品デビューを果たして驚きました。

ファンの方には有名で当たり前のことですが、蔵王先生は二つの名義を使い分けており、BL作品の時は蔵王大志名義で、BL以外の作品の時はつだみきよ名義で描かれています。

つだ先生名義の作品は好きで読んでいて、

  • 革命の日/続・革命の日
  • プリンセス・プリンセス

 

など楽しんでおりました。

また影木先生もこれまた有名ですが、故・竹下登氏を祖父に持っていて、それ即ちDAIGOさんのお姉さんということでもあります。

そんなお二方がいきなり「百合姉妹」に百合作品を引っ提げて登場!

これは驚きました。

まさか百合作品を手掛けるとは思いませんでしたからね。。。

ちなみに、DAIGOさんもツイートされています!

 

そのお二人の初の百合作品が時を経て完結編として発売されたわけです!

本屋で目にして、気が付けば手に取ってレジに並んじゃいましたよ!(なお、同時発売の『恋愛遺伝子XX』も勿論!)

 

さて、『春夏秋冬』ですが、この作品はタイトル通り、名前に「春夏秋冬」のつく四人の少女、二組のカップルを主に描いた百合作品です。

  • 白木はるか(しらき はるか)× 庄屋あきほ(しょうや あきほ)
  • 松坂夏姫(まつざか なつき)× 高島冬華(たかしま ふゆか)

 

左側に記載したはるかと夏姫は、聖テレジア女学院で人気を二分するスター的存在(かつ問題児)で、右側のあきほと冬華はいずれも学院への転入生。

学園のスターが転入生を好きになって、転入生の方は翻弄されながらも徐々に惹かれていって好きになっちゃうという、ある意味で王道展開。

それを、短い一話完結の中で、実にうまいことまとめ上げて描いています。

 

個人的に好きなのは、はるかとあきほの二人のお話です。

自分の胸が小さいため(AA-65)、他の女の子の胸を触るのが大好きだというはるか。

女子高らしいスキンシップ・・・というより、エロオヤジ??

「春夏秋冬 完全版」 蔵王大志・影木栄貴/一迅社 より引用

 

そんなはるかに胸を触られて迷惑していたはずなのに、はるかが他の女の子の胸を触っているのを見て嫉妬して、自分以外の女の子の胸を触らないでほしいと言ってしまうあきほ。

同性の女の子を好きになってしまった困惑、嫉妬、独占欲、みたいなものがコメディ要素も含んで重くなりすぎず、ストーンと読んでいる自分の中に刻まれたんですよね。

また、あきほだけでなく冬華の方もそうですが、最初は胸を揉んでくるはるかや、「女オオカミ」などと称される夏姫の方が積極的に押しているのに、その後の恋人になった後の関係なんかでは意外とあきほや冬華が強くなったりするのも読んでいて楽しいところです。

 

さらにこの二組に加えて、学園の女性教師同士のカップリングの話も描かれています!

こちらは大人な関係を見せてくれて、また違った雰囲気を得られます。

三組の話がオムニバスではありませんが、それぞれ独立した話でありつつ、ちょっとずつ関係していて。

更に「百合姉妹」、「百合姫」の本誌では見られなかった姿が同人作品として描かれて収録され、描き下ろしの話もあります!

描き下ろしは数年後の未来を描いたもので、そこで3組のカップルは・・・というのは、読んでのお楽しみ!

描きおろしの内容は、ご自身でご確認ください!

「春夏秋冬 完全版」 蔵王大志・影木栄貴/一迅社 より引用

 

蔵王先生の作品は、特にキャラの目力が強くて好きです。

どのキャラもとにかく目に力がある!

目に魅力のある作品、キャラは好きになっちゃいます!

この「目」が好きです。その後の回想も好きなので付けちゃいました

「春夏秋冬 完全版」 蔵王大志・影木栄貴/一迅社 より引用

 

ということで、実に十数年ぶりに完全版として再び世に出ました『春夏秋冬』

  • 前に読んで懐かしいと感じた方は思い出しつつ、描き下ろしを楽しみつつ
  • 知らなかった方はこんな百合作品もあったのかと思いながら

 

読んでいただければと思います!

 

また、同時に『恋愛遺伝子XX 完全版』も発売されていますので、『春夏秋冬』が気に入ったら、手に取ってみていただくと良いかもしれません!

(なお、『春夏秋冬』の方がオーソドックスで入りやすいです。『恋愛遺伝子』はちょい変化球なので)

以上、マンガフルライターの神門でした。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

ABOUTこの記事をかいた人

社畜として働きつつ、漫画と小説と野球に癒される日々。人生を変えた作品は「女神転生」。プロ野球を愛しベイスターズを愛する。 熱血王道もの、血飛沫舞うバトルものから美少女百合ものまでなんでも好む。特に「無限の住人」の美しい殺し合い、「はやて×ブレード」のバカバトルが好きです。