【今週の一冊】『双子の男女がわからない』感想。双子の美少女、でも片方は男?なハイテンションラブコメ

みなさんこんにちは、【今週の1冊】として毎週、直近に読んだ作品(時には古い作品も!)をご紹介するマンガフルライターの神門です。

皆さんが作品を購入するご参考にしていただければと思います。

今回ご紹介するのは

『双子の男女がわからない』

です。

 

主人公の卓志には幼い頃に大好きだった幼馴染の女の子がいました。

卓志は勇気を振り絞り、将来結婚してほしいとプロポーズすると、相手の女の子も頷いてくれた。

しかしその直後、ライバル会社同士である互いの祖父同士が喧嘩をして相手と絶縁。

相手の女の子とも会えなくなってしまいました。

離れ離れになってから10年、卓志は血のにじむような努力を重ねて祖父に認めらえるようになると、幼い頃に結婚を約束したあの子との結婚を許して欲しいとお願いします。

卓志の熱意にうたれた祖父は、卓志の願いを受け入れることにします。

ついに、大好きだった彼女と10年ぶりの再会をすることができると喜んでいた卓志でしたが、卓志の前に現れたのは二人の美少女!?

そういえばあの女の子は確かに双子だったけれど、それは男女の双子だったはず。

名前を呼べば分かると、「なぞむ」ちゃんと彼女の名前を呼ぶも、二人の女の子(?)の名前は

和(なごむ)

望(のぞむ)

卓志は名前を間違えて覚えており、しかも卓志の覚え方ではどちらのことを示しているのかも分からない。

和と望、どちらかは大好きだった女の子、どちらかはその双子の兄。

結婚の期限は決まっているのに、二人とも可愛すぎてどっちが大好きなあの子か分からない!!

しかも結婚に向けてそんな二人と三人で同棲生活!?

そんな感じで始まる、卓志と双子男女とのラブコメ作品です。

本作は3巻で既に完結となっており、コンパクトに楽しむことが出来ます。

再開したのは二人の美少女で?

「双子の男女がわからない」 1巻/阿部 花次郎 講談社より引用

 

女装モノではあるけれど、双子のうちどっちが女装しているか分からないというもの。

和は黒髪でややショート気味。

「ボク」が一人称でおしとやかな感じで裁縫が得意だけれど料理は壊滅的、私服でスカートを持っていない。

望は茶髪でロング。

「僕」が一人称で言動もちょっと乱暴で、料理が得意でお洒落にこだわっていて可愛い服を沢山持っている。

ぱっと最初の感触では望の方が男の子っぽいけれど、意外と和の方が男と思えるようなところもあったりして。

それでもって二人とも可愛くて良い匂いがする!

卓志の頭はこんがらがって、双子のどちらにもときめいてしまいます!

そりゃそうだ、こんな可愛い双子なら男の子だとしてもときめいちゃいますよね!(ん?)

こんな可愛い子なら、どっちかが男の子でも構わない!?

「双子の男女がわからない」 1巻/阿部 花次郎 講談社より引用

 

しかし二人のうちいずれかが女装をしているのにも理由があって。

二人の家の禅米家は

  • 男は跡取り 情を捨て勉学にはげめ
  • 女は政略婚で家に貢献しろ

 

なんて言われる家庭で、それが嫌で女装して二人とも女の子の姿をしている、と卓志は考えます。

二人に自分の理想の女の子を押し付けようとするのではなく、二人が今の状態でいることを理解したうえで二人を共に受け入れようとします。

とはいっても、一人は女装した男の子なのでなんともなところですが。

双子ということで、和のターンのあとは望のターン、みたいな感じで話は進んでいきます。

それでも、学校に行けばどちらが男子か分かるはずと思いきや、和も望も、学園では二人とも大人気!

しかも、それぞれどっちが男か女か分からないままで人気を博しているという異常事態!

親衛隊までいて、二人の婚約者である卓志は生徒たちから憎悪の目を一身に浴びることに・・・

学校では二人とも(女子として)大人気・・・!?

「双子の男女がわからない」 2巻/阿部 花次郎 講談社より引用

 

ドタバタラブコメの王道的な展開を見せつつ、相手のうち一人は女装男子。

だけど、どっちが男の子なのかは分からないまま、卓志はどちらかを選ばないといけないというのがちょっと新しくて面白いところ。

さてさて、結末は??

明るくて楽しいラブコメなので、もちろん、不幸な結末にはならないのでご安心してお読みください!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

ABOUTこの記事をかいた人

社畜として働きつつ、漫画と小説と野球に癒される日々。人生を変えた作品は「女神転生」。プロ野球を愛しベイスターズを愛する。 熱血王道もの、血飛沫舞うバトルものから美少女百合ものまでなんでも好む。特に「無限の住人」の美しい殺し合い、「はやて×ブレード」のバカバトルが好きです。