【今週の一冊】『純とかおる』一日毎に性別が入れ替わる男女の日常を描いた独特の空気感が素晴らしい作品

みなさんこんにちは、金曜日に「今週の一冊」をご紹介するマンガフルライターの神門です。

今回ご紹介するのは、二駅ずい先生『純とかおる』です!

 

著者 二駅ずい
出版社 講談社
掲載雑誌 別冊少年マガジン
掲載期間 2018年6月号~2021年10月号
単行本巻数 全2巻
ジャンル TSラブコメ

 

『純とかおる』ですが、1巻が発売されたのが2019年4月で実に2年以上の月日が流れており、もう発売されることはないのか!?

と不安になりましたが、この度無事に2巻が発売されました! 待っていてよかった!

そして2巻で完結!

これはちょっと寂しいですぞ!

 

さてさてこの『純とかおる』がどんな作品かというと、タイトル通りに純とかおるの二人の男女を主人公としたものです。

家が隣同士で幼馴染の純(男)とかおる(女)ですが、この二人、毎日00:00になって日付が変わると、性別が入れ替わります。

男だったら女に、女だったら男に。

零時になるとこんな風に変わっちゃいます!

『純とかおる』 1巻 二駅ずい/講談社 より引用

 

純とかおるが入れ替わるのではなく、それぞれ別個の精神のまま、肉体だけが転換します。いわゆる性転換もの、TSものです。

この作品の面白いところは、性転換するけれど、それが契機でトラブルが起きたり、周囲を巻き込んだ男女間の複雑な恋愛関係に発展したり、ちょいとエッチな展開になったり、そういうTSものでおなじみのことが全く起きないことです。

単に、性別が日毎に変わる二人の日常を描いている作品なのです。

TSという題材なのに、なんとまあ!

 

だけどコレ、面白いのは、二人が同時に男に、あるいは女になることがないということです。

必ず男女で別々になり、二人同時に男、あるいは女になることはありません。

  • 純が女のときのかおるとの関係
  • かおるが女の時の純との関係

 

基本的な性格とかは変わらないんだけど、性が変わったことによってどこかちょっと違った感じになる。

その微妙な差というか変化というものが、これまた具体的にガツンと描かれているというよりは、雰囲気で表現されている。

この「空気感」とでも言いましょうか、それが実に絶妙なのがこの『純とかおる』という作品であり、二駅ずい先生の特徴なのかなと思います。

 

物語は日常を描いているもので、純とかおるは幼馴染、そして性転換も昔からのことで慣れていてお互いの制服を毎日交換し合うのがお約束。

今更、男の体や女の体で騒ぐこともなく、気の知れた同士だから普段の会話が多いわけでもなく、淡々と進むようにも見えます。

でも淡々と見える日常の中で、ちょっと相手を意識してしまった瞬間とか、何気ない一言や表情とか、さりげないしぐさとか、そういう中に独特の空気感があって。

言葉で説明するのが非常に難しいのですが、絵を通して二人の感情を豊かに想像させられる、とでも言いましょうか。

ちょっとした一幕。台詞もなく進むけれど・・・

なんとも可愛らしい純。。。のしぐさにも色々と想像させられる

『純とかおる』 2巻 二駅ずい/講談社 より引用

 

幼馴染で仲が良いけれど、恋人同士の関係にまでは至っていない。

だけど、二人は一緒にいて、これからも一緒にいる。

その距離感もまた絶妙で、その絶妙な距離感を表現できているのです。

 

2巻で終わってしまうのはもったいなく、もっと二人を中心としたゆるっとしている日常を見ていたかったですね。

そこは、二駅ずい先生の次回作に期待しましょうか!

 

『純とかおる』は、マンガBANGで読むことができます!

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

ABOUTこの記事をかいた人

社畜として働きつつ、漫画と小説と野球に癒される日々。人生を変えた作品は「女神転生」。プロ野球を愛しベイスターズを愛する。 熱血王道もの、血飛沫舞うバトルものから美少女百合ものまでなんでも好む。特に「無限の住人」の美しい殺し合い、「はやて×ブレード」のバカバトルが好きです。