当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『マンガダイブ【推しの子】スーパー・イマーシブライブ』参加レポート!【推しの子】世界に没入してライブを楽しむ!

 

みなさんこんにちは、【今週の1冊】として毎週、直近に読んだ作品(時には古い作品も!)をご紹介しているマンガフルライターの神門です。

・・・なのですが。

今回は趣向を変えてみました。

マンガダイブ 【推しの子】スーパー・イマーシブライブ

を体験してきましたので、簡単にそのレポートをお届けしたいと思います!

 

マンガダイブとは?

マンガダイブとは、「漫画の世界に没入する」新体験をお届けする企画です。

もう少し詳細に言うなら、先端テクノロジーを駆使して空間全体に映像と音響を展開し、マンガの世界に没入させる新感覚のミュージアム型展示のことです。

集英社さんが、自社の漫画作品をテーマにして様々な企画を展開してくれています。

  • キングダム
  • SPY×FAMILY

 

といった人気作品で実施されており、今回ライターが参加したのは【推しの子】です。

 

行ってみようかどうか考えている人にとってご参考になればと思います。

また【推しの子】以外の作品でも参考になると思います!

 

マンガダイブ【推しの子】スーパー・イマーシブライブについて

さて、【推しの子】のマンガダイブは展示は4つのコーナーから成り立っています

  • ストーリーダイブエリア
  • キャラクターダイブエリア
  • マンガダイブエリア
  • グッズ物販展示エリア

 

以上の4つです。

入場から、どのように進んでいくか簡単にレポートしますね!

マンガダイブが行われているのはコレド室町テラスの3Fです。

三越前駅、もしくは新日本橋駅から直結しています。

地下からコレド室町テラスに入っていくと、右手にスタバを見ながら直進、左手に郵便局があって右側には休憩スペースのような場所が。

その右側の休憩スペースのちょい奥にエレベーターがありますので、そのエレベーターで3階まで直行すればもう迷うことはありません!

チケットは事前に購入でも、当日券でもどちらでもOK!

入場はスケジュール制で、10:00の回から30分毎の入場(入れ替え制)になります。

これは基本的に、ストーリーダイブエリアのライブスケジュールにあわせてのものになります。

詳細はこちらから!

マンガダイブ

 

ストーリーダイブエリア

この画像はこのエリアのものではないですが、撮影不可なので・・

 

ここがメイン!

ここでは、新生B小町のライブパフォーマンスを見ることができます!

正直、スクリーンに映されるキャラクター達の映像を見るのかな、なんて舐めた考えでいました・・・

なんじゃこれぇ!?

部屋の前後左右の4面に床も含めた、いやいやそれどころか空間に飛び出してきて繰り広げられるパフォーマンス!

ルビーが、有馬かなが、MEMちょが、目まぐるしく様々な場所を自由に動き回り、歌い、踊ります!

事前にXなどで感想など見てもいましたが、文字面で読むのと実際に体験するのでは全然違う・・・!

言葉で説明するのは難しいですね、本当にただ映写されるだけでなく、空間全体に映像と音響が埋め尽くされる感じ。

まさにダイブよのう・・・

これ、初回は本当に目を回すと思う。立っていたら平衡感覚を失いかねないですね。

あ、ちなみにクッションが用意されていて座ってみることができます。

更に、曲と曲の間には各キャラクターのモノローグが入るのと、プラスして新規に録られたというMCも入りますので本当にライブ感を味わえます。

私は平日の昼間という時間帯に行ったので参加者もそんなに多くはなく、皆さん静かにライブを堪能している感じでしたが。

サイリウムも貸してくれるので、こいつぁ「ウリャオイ」したくなる気持ちも分かります(笑)

  • サインはB
  • STAR☆T☆RAIN
  • HEART’s☆KISS
  • アイドル(YOASOBI)

 

の順に歌われ、ボリュームも十分です!

 

こちらは当たり前ですが撮影禁止となりますので、ライブはしっかりと脳内に焼きつけましょう!

 

キャラクターダイブエリア

みなみで!

 

こちらは物語の流れに応じて様々な画像が部屋一面に展開され、流れていきます(アニメ一期のところまで)

ライブと同様、四方の壁+床に、これでもか!

とばかりに様々なキャラクター達が登場します。

漫画のシーンはもちろん、色々なメディアとかに展開されたイラスト(モノクロ・カラー)が流れる流れる!

漫画も大画面で!

 

このエリアは撮影も自由なので、自分の推しのキャラが登場したら一緒に撮影することも可能!

自撮りはもちろん、スタッフさんが親切丁寧に撮影もしてくれます。

ただ、他の人の撮影の邪魔にならないよう注意するので、どうしても端っこから斜めアングルで撮影しがちになっちゃいました。

このエリアもですね、部屋全体を画像が流れるので平衡感覚が変になって途中でなんかよろけました(笑)

そしてこのエリアを見ている最中は、隣のエリアでは次の回のライブが始まっていて、歌声とかMCは聞こえてきます。

歌を聴きながら、映像はキャラクターダイブエリアのもので楽しむ、ということもできます。

また、ライブとは違ってこのエリアは一周分が終わった後に残って二週目を楽しむことも出来るようです。

撮影した画像を見返してみたら、かなとMEMちょばかりだった(汗)

 

一回目ではうまいこと撮影し損ねた!

という人は二週目、三週目まで粘ってみても大丈夫!

 

マンガダイブエリア

「マンガ」をテクノロジーを用いて様々な形で体験できるエリアです。

ここはしっとりと落ち着いた感じ。

高解像度のマンガページやイラストを大画面で楽しむことが出来たり。

マンガをARで見ることが出来たり。

あと、メッセージボードもこのエリアにあるので、何か熱いメッセージを残しましょう。

原作の横槍メンゴ先生、赤坂アカ先生のサインもありますし、声優さんたちのサインなんかもありますので見つけましょう!

サインを探してみよう♪

 

グッズ物販展示エリア

文字通りの物販エリアです。

マンガダイブオリジナルの様々なグッズが売られています。

ちなみにここで購入するためには、入場時に配られる購入券が必要になります。

レジの時に言われて、慌てて鞄の中を探す人もいるのではないでしょうか。私もそうです。

マンガダイブにまで足を運ぶような人はやっぱりそれなりのファンだと思いますので、お気に入りのグッズを購入しましょう!

やっぱり、かなとMEMちょばかり・・・

 

ちなみにグッズの在庫状況をHPで確認できるのも新設設計です。

 

という、以上4つのコーナーを満喫することができます!

ライブの行われるストーリーダイブエリアは完全入れ替え制ですが、他のエリアは時間制限はない感じ(でも、留まり続けるのは少し勇気がいるかも?)

ライブを楽しんで普通に見て回ると一時間くらい、好きな人は何時間でも楽しめる。

そんな感じです。

 

まとめ感想

ライター自身、マンガやアニメのこういうイベントに参加するのっていつ以来? 

と、殆ど記憶にないくらい私は外のイベントとか参加しないのですが。

今回はB小町のライブを体感できるということと、日程的なところがタイミングがあって参加したのですが、楽しかったです!

やっぱりライブは良いですね・・・B小町は純粋に楽曲が良いのと、楽曲にあわせた振付が良いのもあり、それがさらにテクノロジーで楽しめるという。

迷っている方、懐疑的に思っている方、行ってみて損はないと思いますよ!

特に本当にライブは楽しいです。

みんなで声出ししたら、そりゃ盛り上がるでしょう。もちろん静かに堪能するも楽しい。

行ってみて良かったです!

 

スタッフさんが優しく、【推しの子】の愛に溢れており、参加して下さった方に楽しんでもらおうという思いが伝わってきます。

そういう雰囲気作りってのも大事ですよね。

だから、怖がる必要も全くありません(笑)

ちなみに開催期間は2024年2月16日(金)までです!

 

以上、簡単ですがレポートでした!

 

Visited 126 times, 1 visit(s) today




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社畜として働きつつ、漫画と小説と野球に癒される日々。人生を変えた作品は「女神転生」。プロ野球を愛しベイスターズを愛する。 熱血王道もの、血飛沫舞うバトルものから美少女百合ものまでなんでも好む。特に「無限の住人」の美しい殺し合い、「はやて×ブレード」のバカバトルが好きです。