【今週の一冊】『君に届け 番外編 運命の人』3巻感想。くるみの運命の人は爽子ですね

 

みなさんこんにちは、【今週の1冊】として毎週、直近に読んだ作品(時には古い作品も!)をご紹介するマンガフルライターの神門です。

皆さんが作品を購入するご参考にしていただければと思います。

今回ご紹介するのは

『君に届け 番外編 運命の人』 

の3巻です。

 


君に届け 番外編~運命の人~ 3 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

椎名軽穂先生の名作、『君に届け』

その中で主人公である爽子のライバルであり、後に親友ともなる、くるみこと胡桃沢梅を主人公にした番外編が、全3巻で完結しました!

本編の方ではずっと一途に報われない恋をおいかけていたくるみ。

登場した頃は「嫌な子?」という印象を読者に与えながら。

実は物凄く一途で、不器用で、お茶目なキャラクターだということが徐々に分かってきます。

だけど、本編の方は最初から最後まで、爽子×風早 の鉄板カップリング。

風早のことをずっと好きだったくるみが幸せになる展開にはなりませんでした。

そんな『君に届け』のスピンオフとして描かれたのが本作であり、くるみの新たな恋を描いた物語なのです。

『君に届け』のスピンオフなのだから、悲恋になるはずもない!

だけど、あの天邪鬼というか、不器用で素直じゃないくるみだから、そう簡単にいくわけもない。

そもそも、くるみをちゃんと受け止めて幸せにしてくれるような度量の大きな男はいるのか!?

そんな心配も杞憂にしてくれる作品です!

個人的に好きなのは、爽子がくるみにはっきりと「カンが悪い」というシーン!

「君に届け 番外編~運命の人~」 1巻 椎名軽穂/集英社 より引用

 

くるみの相手、まさに「運命の人」は、赤星栄治。20歳の大学生。

爽子のいとこにして、椎名先生の別作、『crazy for you』の登場人物でもあります。

爽子を介して栄治と出会い、栄治から「付き合うか」と告白されて、戸惑うくるみ。

だけど、接していくうちに、何でも受け入れてくれるような栄治のことがどんどん気になり、どんどん好きになっていく。

素直になれれば万事めでたし、となるところがそうならないのが、くるみがくるみたるところ。

とにかく面倒くさい(笑)

いや、これを受け止める男は大変だ。だからこそ、栄治のような男じゃないとだめかもですね。

素直になれないくるみは、栄治が昔好きだったという女性のことが気になって仕方なく、こっそりと栄治たちの飲み会に潜入するもあっさりバレてしまう。

そしてその場で色々とやらかしてしまい、飲み会を滅茶苦茶にしてしまった(と、くるみは思っている)

そんな面倒くさいことをしでかしたのが2巻まででした。

勿論、くるみだってそんなことをしたいわけじゃない。

だけど、どうしたらよいのか分からない。不器用すぎて、本当にやりたいことが分からなくなってしまう。

もっと上手くやりたいのに、分からないから分からないなりに自分でできることをしようとすると、それは悪い方向にいってしまう。

そんなくるみを受け止めて、分からないことは分からないと言っていい、自分を頼っていいというのが栄治。

・・・いやこれ、本当にくるみのことを分かっていないと、そういう対応できませんよ!

これはおまけ漫画からですが、爽子の家の食事にお呼ばれしたいくるみの一幕。めんどくさい子(笑)

「君に届け 番外編~運命の人~」 1巻 椎名軽穂/集英社 より引用

 

3巻に限った話ではありませんが、くるみの不器用すぎるところが、ここまでくると可愛くみえるものだから不思議。

なんだろう、我儘でもあるし、素直じゃなくて口も良くないし、自分が可愛いと思っているし、だけど根は良い子。

色々と気にもしてしまうし、気は強いけれど臆病でもあるし、構ってほしいけれど放っておいてもほしかったり。

本当に面倒くさい、そんなくるみを愛せるのは、栄治であったり爽子であったりするような人なんだろうなぁと思える。

くるみが素直になれるのは、栄治のような懐の深さを持っているか、爽子くらい正直すぎて裏を持っていない人で人の裏を疑うことがないような人なんだろうなぁ。

なので、くるみにとっての『運命の人』とは、爽子だということを描いたものでもあります。

いやホント、爽子と出会ったからこそくるみは幸せな生活になり、更に栄治と出会えたわけですからね。

くるみの、「爽子ちゃん大好き!」 というのもガンガン出ていて楽しいです。

 

だけど、そんなくるみに好きになられたら、そして好きになったら、大変!

さらりと、「一生、好きでいてほしい」と当たり前のように言っちゃう子ですから。

若い学生だからこそ・・・というより、これがくるみのスタンダードなんだろうなぁ。

いや、でも、くるみが幸せになって良かったよ!

そう思えました、本当に。

さらりと言っちゃう。贅沢ではないらしい

「君に届け 番外編~運命の人~」 3巻 椎名軽穂/集英社 より引用

 

ちなみに。

おまけであった漫画が面白かったです。

  • 大学生になって、くるみが爽子の家に行くようになったくだりとか。
  • 風早と、『俺物語!!』の猛男が電話して話をするのとか。

 

本編もよかったけれど、そういう本編の間を描いた小話も良いですね。

 

『君に届け 番外編 運命の人』

については、こちらの記事でも紹介していますので、未読の方はこちらも読んでいただけたらと思います!

『君に届け 番外編~運命の人~』”くるみ”と”くるみの恋”の魅力と男性でも楽しめる少女漫画6作品をご紹介

2022年1月8日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

ABOUTこの記事をかいた人

社畜として働きつつ、漫画と小説と野球に癒される日々。人生を変えた作品は「女神転生」。プロ野球を愛しベイスターズを愛する。 熱血王道もの、血飛沫舞うバトルものから美少女百合ものまでなんでも好む。特に「無限の住人」の美しい殺し合い、「はやて×ブレード」のバカバトルが好きです。