【今週の一冊】『デストロ016』殺し屋沙紀の女子高生時代を描いた『デストロ246』の前日譚

みなさんこんにちは、【今週の1冊】として毎週金曜日、基本的には直近に読んだ作品(時には古い作品も!)をご紹介するマンガフルライターの神門です。

皆さんが作品を購入するご参考にしていただければと思います。

今週はこちら!

高橋慶太郎先生『デストロ016』です!

 

タイトルからもなんとなく想像つくかもしれませんが、そう、本作は『デストロ246』と地続きの作品です。

246で登場した殺し屋の沙紀、彼女の女子高校生時代を描いた、『デストロ246』の前日譚となります。

ちなみに『デストロ246』からは後に刑事になる蛍田みのり、開業医の美濃芳野も登場!

特にみのりもまた女子高校生で、同級生である沙紀とイチャコラしまくります。

そう、もうね、細かい説明は不要です。

高橋先生でデストロとくれば、女の子同士がイチャイチャして、ヤロウどもを容赦なくぶち殺しまくる!

男連中は本当にモブでしかない。

この1巻ではまず、沙紀とみのりとの関係性を描いています。

デストロでも登場した二人ですが、その過去というものはよくわからなかったですからね。

危険な女の子をひきつけるみのりの体質はこの女子高校生時代から始まったのですね。

沙紀とみのりが女子高校生時代。二人の関係はこんな感じ?

「デストロ016」 1巻 高橋慶太郎/小学館 より引用

 

そして後半では、もう一人の殺し屋であるモズと対峙。

モズもまた当然ながら若い女の子!

女の子がいかつい銃を持って、ぶっ放して、緊迫した殺し合いのはずなんだけど、どこか抜けた感じが常につきまとう。

そう、これこそデストロの妙!

なんか懐かしい感じがします。

モズとの戦闘。互いの長所を活かした戦いに

「デストロ016」 1巻 高橋慶太郎/小学館 より引用

 

『デストロ246』を楽しんだ方はもちろん、『デストロ246』未読の方も試してみてはいかがでしょう。

一度はまると、忘れられない妙味があるのが、高橋慶太郎先生です。

気になる方は是非、さんでーうぇぶりで、途中まで無料で試読可能です(246も016も!)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

ABOUTこの記事をかいた人

社畜として働きつつ、漫画と小説と野球に癒される日々。人生を変えた作品は「女神転生」。プロ野球を愛しベイスターズを愛する。 熱血王道もの、血飛沫舞うバトルものから美少女百合ものまでなんでも好む。特に「無限の住人」の美しい殺し合い、「はやて×ブレード」のバカバトルが好きです。