当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『ちはやふる plus きみがため』1巻感想。千早たちが卒業後の瑞沢かるた部で新たなちはや達が始動!

 

みなさんこんにちは、【今週の1冊】として毎週、直近に読んだ作品(時には古い作品も!)をご紹介するマンガフルライターの神門です。

皆さんが作品を購入するご参考にしていただければと思います。

今回ご紹介するのは

『ちはやふる plus きみがため』

です。

 

『ちはやふる』といえば、言わずと知れた名作。

一気に”競技かるた”の知名度をあげた作品でもあります。

アニメ化、ドラマ化などもされていますね。

作品は50巻で無事に完結をした・・・わけですが、その続編がやってきました!

え、続編って主人公はどうなるの?

千早じゃなかったらもう『ちはやふる』じゃないんじゃない!?

そう思う方もご安心くだされ。

物語は、千早や太一たちが卒業した翌年の瑞沢かるた部です。

筑波くんが部長、花野さんがキャプテン、田丸さんがエースとして始動しているかるた部。

そこに一年生として入部したのが長良凛月(ながら りつ)。

そして、凛月によって競技かるた部に入部することになった秋野千隼。

この二人を中心に、瑞沢かるた部がまた新たな動きを見せていくことになります。

思い起こさせるのは、かの先輩

「ちはやふる plus きみがため」 1巻 末次由紀/講談社 より引用

 

凛月は母親をなくし、父親が仕事で多忙ななか幼い妹の面倒を見る苦労人ですが、競技かるたに情熱をかけ、全国制覇を掲げて力を注いでいきます。

とはいえ他の一年生達とは入部した動機も情熱も異なり、なかなかうまくいきません。

そんな凛月のクラスの友人、秋野千隼。彼もまた微妙に複雑な家庭で育ってきましたが、凛月に誘われてかるた部に入部することに。

  • 情熱で周囲を動かしていく凛月
  • 初心者ではあるけれど、記憶力の良さを誇る千隼

 

本作はこの二人を中心に描いていくようです。

当然、千隼がいなければ話は始まらない!?

「ちはやふる plus きみがため」 1巻 末次由紀/講談社 より引用

 

『ちはやふる』が、千隼、太一、新の三人の物語であったのに対し、今回は二人ですか。

あるいは他にもう一人出して恋愛要素も絡ませてくるのか? それはどうかは分かりませんが、今のところ二人かな?

作品としては一度完結しているし、キャラクターも前作が強力なだけに、果たしてどうなるかというのは続編として不安なところ。

だけど、それを吹き飛ばしてくれる、物語の作りの上手さがあるんですね。

主人公の二人はそれぞれが家庭に問題を抱えている中で、競技かるたに臨んでいく。

その問題は一人でどうにかできるものではなく、周囲の理解や協力なんかも必要で。

そこには当然、筑波や花野、田丸といった旧作メンバーも絡んできます。

 

そして主人公格の二人だけに注目をしないのも前作同様。

凛月の同級生である他の二人の一年生、安田さん、糸瀬さんの背景にもちゃんと触れています。

もちろん今後の展開で、さらに深掘りもされていくのではないかと思われます。

かるただけのことを描くのではなく、部活動であったり、友人であったり、家族であったり、かるた会の人達であったり。

そういったところをちゃんと描くから、キャラクターそれぞれの個性というか、生まれ育ってきた背景というかがわかり、生きてると感じます。

他のキャラクター達も当然のように、なかなかの個性をみせてくれます

「ちはやふる plus きみがため」 1巻 末次由紀/講談社 より引用

 

登場するキャラクター達が魅力的なのは、それらの積み重ねですよね。

とはいえまだ1巻、始まったばかり。

凛月もなかなか強い個性を見せてくれますが、千早や太一といった前作キャラは強いですからね。

ここから更にかるたも、キャラも、強くなっていくことを期待します。

そして期待に応えてくれる第一巻だったと思います!

 

Visited 162 times, 4 visit(s) today




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社畜として働きつつ、漫画と小説と野球に癒される日々。人生を変えた作品は「女神転生」。プロ野球を愛しベイスターズを愛する。 熱血王道もの、血飛沫舞うバトルものから美少女百合ものまでなんでも好む。特に「無限の住人」の美しい殺し合い、「はやて×ブレード」のバカバトルが好きです。