【今週の一冊】『隣の君が一番かわいい』かわいい×かわいい=最強に可愛い、そんな男女のラブコメ

 

みなさんこんにちは、【今週の1冊】として毎週、直近に読んだ作品(時には古い作品も!)をご紹介するマンガフルライターの神門です。

皆さんが作品を購入するご参考にしていただければと思います。

今回ご紹介するのは

『隣の君が一番かわいい』

です!

つい最近、完結の2巻が発売されたので読むのにちょうどいいですよ!

 

 

世の中には女の子みたいな男の子っていますね。

美少女にしか、可愛い女の子にしか見えない! って感じの。

本作品の主人公の星川くんは、ぱっと見るととっても美少女!

しかも見た目だけではなく、持っている小物なんかもとても可愛いものばかり。

それは、星川くん自体が可愛いもの、女の子っぽいものが好きだから。

だけど、そういう見た目なんかもあって過去に女みたいだとからかわれた経験から、あまり周囲とつるむことなく、愛想の悪い学園生活を送っていました。

 

そんな星川くんが高校に進学し、隣の席になったのが小日向さん。

ふわふわとした感じの小日向さんも可愛いものが好きで、入学初日に自分も好きな小物を持っていた星川くんのことを目に留めてから気になる存在になっていました。

そうして隣の席になると、好みが合うこともあってよく話をするように。

しかも小日向さんは星川くんの可愛さを皆にも知ってもらいたい、なんて思っていてグイグイくる。

そしてそんな小日向さんのことを星川くんは好きになっていて。

お互い、

隣の君が一番かわいい

と思っている同士のラブコメです。

お互いが相手こそ「一番可愛い!」と思っているのです

「隣の君が一番かわいい」 1巻 鳥井まあ/KADOKAWAより 引用

 

勘違いしないようにしたいのは、星川くんは男の娘でも女装男子でもありません。

あくまで、可愛いだけです。

可愛いものが好きなだけです。

まあ、その外見の可愛らしさゆえに、作品内でもよく女装させられちゃいますけれど。

ただそれも、本人も可愛いものが好きなのでそこまで嫌々ではなく、ノリノリでやってくれたりします。

星川くんと小日向さん、この可愛い二人のやり取りが、みているだけで可愛いの作品の魅力といって良いでしょう。

お互いがお互いのことを可愛いと思っていて、自分よりも相手の方が可愛いよ! な距離感がなんとなく良い感じ。

小日向さんは誰とでも仲良くなれるタイプの女の子で、星川くんにもグイグイ迫っていくのですが、星川くんはその距離感にちょっと戸惑います。

迷惑しているとかそういうことではなく、

これって自分のこと男として見ていなくて女友達の感覚なのでは・・・・?

と。

好きな女の子から、女友達と思われているってどういうことよ!

でも仲良くできるのは嬉しいと、微妙な気持ちにもなっちゃいます。

しかも小日向さんは、妙に男前なところもあって、いっそのこと小日向さんの彼女になってもいい、なんて思っちゃったりなんかも。

文化祭の女装&男装喫茶ではこんな・・・

「隣の君が一番かわいい」 2巻 鳥井まあ/KADOKAWAより 引用

 

一方の小日向さんも、最初は星川くんの可愛さを皆にも知ってもらいたいとか、趣味が同じだから友達で嬉しいとか、そういう気持ちだったのが、一緒に遊んでいるうちに好意を抱くようになっていきます。

変に恋の障害とか三角関係とかはありません!

可愛い作品にそんなものは不要!

星川くんと小日向さんの可愛らしい恋とその関係性をにやにやと楽しむ、そんな作品です。

2巻で完結と、手に取りやすくなっております。

興味を持たれたら是非、読んでみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

ABOUTこの記事をかいた人

社畜として働きつつ、漫画と小説と野球に癒される日々。人生を変えた作品は「女神転生」。プロ野球を愛しベイスターズを愛する。 熱血王道もの、血飛沫舞うバトルものから美少女百合ものまでなんでも好む。特に「無限の住人」の美しい殺し合い、「はやて×ブレード」のバカバトルが好きです。