【日曜更新】『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』~最近読んだ漫画感想~

こんにちは!実家は猫飼いの家だったマンガフルライター、中山今です。

毎週日曜連載「最近読んだ漫画感想」、本日は『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』の感想を書きたいと思いますー!

このレビューでは作品を以下の2つの項目でご紹介していきます。

  1. 簡単なあらすじ
  2. レビュー(ポイント2点)

日曜の昼下がり、漫画レビューをサラッと楽しんでもらえれば幸いです。

1、『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』のあらすじ。20XX年、人類は猫に支配された・・・

著者 原作:ホークマン/作画:メカルーツ
出版社 マッグガーデン
掲載雑誌 月刊コミックガーデン、MAG Garden(WEB)
掲載期間 2020/10/05-(連載中)
単行本巻数 既刊1巻
ジャンル キャットフルホラー・ニャポカリプス

 

世界は猫に支配された・・・!

品種改良によって生まれた猫からウイルスが発生。

そのウイルスは接触感染により拡散し、なんと人間を猫に変化させる!

猫に襲われた人間の手が・・・なんと猫に変わりゆく‥‥ッ!

『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』1 巻/ 原作:ホークマン/作画:メカルーツ マッグガーデンより引用

 

猫パンデミックが人類を襲った・・・

舞台は20XX年、なんとなくアメリカンっぽい国。

記憶をなくしたすごく猫好きな男が猫パンデミックに抗う・・・!

 

2、『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』レビュー!猫はひどい目に遭いません!超画力のゾンビパニック形式で猫愛を叫ぶ

 

『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』の特筆すべき点、それは超画力によるパニックSFであること。

陰影強めの卓越した絵で、人類が脅かされるアポカリプスを描く。

街にあふれる猫!人類を追う猫!

すごく王道なパニックもの!でも相手は猫!!!

画の構図はゾンビパニックそのものだけど猫。背後から猫!空から猫!

『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』1 巻/ 原作:ホークマン/作画:メカルーツ マッグガーデンより引用

 

そしてもう一つ、『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』の大きな魅力・・・それは猫愛にあふれ返っていること・・・

作中、人類の脅威である猫。
しかし人類は猫との戦いに「水」「水入りペットボトル」「マタタビ」などで対抗。猫はひどい目にあいません!

襲い来る猫に水入りペットボトルやトゲトゲシートで対抗する機動隊。

しかしウイルス保菌猫たちに効果なし!人類になすすべ無し!

『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』1 巻/ 原作:ホークマン/作画:メカルーツ マッグガーデンより引用

 

ディフェンシブな猫愛に収まらず、積極的に猫を愛する気持ちも炸裂。

猫豆知識や猫あるあるなど、猫飼いの気持ちをくすぐる猫描写を繰り広げます。

「猫は液体」!猫好き・猫飼いが激しく同意するパワーワードが舞う

『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』1 巻/ 原作:ホークマン/作画:メカルーツ マッグガーデンより引用

 

猫×パニック映画・・・

どんな企画会議で通ったのか。

しかし猫好きもSFパニック映画好きも満足の仕上がり。どちらも好きなら買って損なし!

 

3、今週のまとめ。本気の画力でギャグをやるから見応えがある

今回は『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』のレビューをお届けしました。
 
SFパニック風ギャグは数あれど、ここまで本気の画力とパニック映画のお作法に則ってやられたら素直に読むしかありません!
 
各話の副題もSFやミステリ好きがニヤニヤしちゃうオマージュが満載。王道コンテンツを真っ向からパロるに足る表現力、必見です!
 

1巻の副題。「猫の牢獄」だけ元ネタがわかんないなあ・・・!

『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』1 巻/ 原作:ホークマン/作画:メカルーツ マッグガーデンより引用

 

それでは今回もお付き合いいただきありがとうございました!

次回はファンタジー世界のサメパニック漫画『異世界喰滅のサメ』のレビューを書きたいと思います。サメはいいなあ・・・!

(中山今)

(2021/6/5追記 『異世界喰滅のサメ』レビュー記事公開してます!↓)

【日曜更新】『異世界喰滅のサメ』~最近読んだ漫画感想~約束されたサメ漫画

2021年5月30日

↓前回のレビュー記事はこちら↓

【日曜更新】『女の園の星』~最近読んだ漫画感想~

2021年5月16日







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください