【最近の新連載ショートレビュー】『彼岸花』青色ひよこ(トーチ)~コロナ禍の40代非正規女性の焦燥感をパンクにカッコつける~

 

中山今

こんにちは、漫画の新連載を共有しまくりたい!

マンガフルライター中山今です。

↓こんな記事を書いています↓

『ブルーピリオド』美術スポ根って?1960年スポ根概念と比較する、令和の「スポ根美術」ガイド~『あしたのジョー』の実例を添えて~

2021年10月8日

この記事では最近始まった漫画新連載をショートレビューでご紹介します。

 

  1. TOP絵
  2. 作品詳細
  3. 媒体記載あらすじ
  4. 一言レビュー

 

でご紹介していきます。気に入る新連載を探すきっかけにしてみてくださいね。

1、1月最終週の漫画新連載紹介~『彼岸花』パンクな魂の漫画の主役は40代非正規女性。アーティスティックな絵でカッコつける40代の日常&ノーフューチャーに圧倒される~

 

 『彼岸花』青色ひよこ トーチより引用

 

タイトル 彼岸花
作者 青色ひよこ
連載開始 2022年1月14日
掲載媒体 トーチ

 

【媒体記載あらすじ】

青春は終わってもパンク少女たちの人生は続く——。第3回トーチ漫画賞〈山田参助賞〉圧倒的受賞作。

緊急事態宣言下のある街で女が橋から飛び降りた——。

90’sを生きたパンク少女たちは、失った仲間と青春を引きずったまま40代の今をもがきつづける。

白と黒で描かれる、痛みに満ちた青春とミドルエイジ。

第3回トーチ漫画賞で〈山田参助賞〉を受賞し、山田参助氏に「圧倒的によかった」「今すぐ本にしてほしい」と言わしめた、40代主婦・入魂のデビュー作。

 

トーチより引用

 

 

中山今

【一言レビュー】

コロナ禍ジャパンでクソみてえに生きてる40代非正規の日常が、鮮やかな絵でフィルタのかかる混乱と喜び。そして謎が物語に引き込む。

この独特の絵!
切り絵のような太い線と影の使い方が印象的。

 

この絵で綴られるのが「40代非正規女性の日常」なんだからイカしてる。
使い捨てブラシでトイレ掃除をしても、派遣のタイムカードを押してもカッコつけてる。40代の日常がパンクに塗り替えられる面白さ!

物語の主役は、40代非正規女性の「キョンシー」と「モーリン」。

非正規である劣等感を持ちながら、『パルプ・フィクション』(1994年映画)の世界感を懐かしみ、パンクバンドを組んでいた友達の墓に参る。

すっかり燃え終わって、煤けたノスタルジーを軽口でやりこめる。

時はコロナ禍。そして「誰か」が橋から落ちる。

事件はいかにして起こったのか?そして誰が落ちたのか?

事件に至る道程をたどるサスペンスであり、40代非正規女性の焦燥感ある「青春」物語でもあります。

ところで、ライターはまさに40代非正規女性そのものです。

『彼岸花』の諦めを含んだノーフューチャー、ものすごく身にしみます。

「私たちこの後どうなるんだろうね?」という不安、10代の移ろいやすい時期によく感じる気持ちです。

でも令和ジャパン40代非正規女性も思ってるぜ!ぜんぜん見えない!怖いぜ!未来!!

なお、作者の青色ひよこ先生も40代女性で本作がデビュー。

先生自体も少なからず味わっているであろう「日常にへばりついてくる焦燥感」をどうカッコつけるのか?楽しみです!

 

↓『彼岸花』はこちらから読めます!初手から一挙5話掲載!読み応えありますよー!

http://to-ti.in/story/higanbana00

 

なお、良ければ第3回トーチ漫画賞審査評も併せてどうぞ!ほかの作品評も見ごたえアリ。

http://to-ti.in/story/award3_final

 

この『今週の新連載』記事は毎週火曜日12:00に公開しています。

また来週も気になる新連載の一言レビューを掲載します。ぜひ覗いてみてくださいね!

↓Twitterで記事更新のお知らせをしております。良ければフォローよろしくお願いいたします↓

@mangatari_

(中山 今)

前回の記事はこちら

【最近の新連載ショートレビュー】『はらぺこ銀河』魚乃目三太(別冊少年チャンピオン)~宇宙メシものはリアリティに信頼がおける~

2022年1月18日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください