【最近の新連載ショートレビュー】『ゾミア』浅村壮平/石田点(ヤングマガジン)~13世紀モンゴル、美麗絵の奴隷少年の戦いは歴史知識が楽しいッ~

 

中山今

こんにちは、漫画の新連載を共有しまくりたい! マンガフルライター中山今です。

↓こんな記事を書いています↓

【最近の新連載ショートレビュー】2021年12月~2022年2月新連載17本まとめ!ドキドキ新連載・バキバキ新連載などエモーション別にご紹介します!

2022年2月22日

 

この記事では最近始まった漫画新連載をショートレビューでご紹介します。

気に入る新連載を探すきっかけにしてみてくださいね。

  1. TOP絵
  2. 作品詳細   
  3. 媒体記載あらすじ
  4. 一言レビュー

でご紹介します!

 

1、3月1週目の漫画新連載紹介~『ゾミア』美麗な絵で貧困や血が表現される重さと、「言語を武器にする」をはじめとした歴史ギミックにゾクゾクする~

 

 

『ゾミア』浅村壮平/石田点 講談社より引用

 

タイトル 『ゾミア』
作者 浅村壮平/石田点
連載開始 2022年2月28日
掲載媒体 ヤングマガジン

 

 

 

【媒体記載あらすじ】

舞台は13世紀、モンゴルの侵攻に疲弊する金国の首都・中都大興府。

元奴隷の少年であらゆる言語を覚えることができる語学の天才・ネルグイは、モンゴル軍が仕掛けた「史上初の空襲」によってすべてを失った。

「自由が欲しければ戦え」親友バートルの言葉を胸に、ネルグイはモンゴル相手にリベンジを誓う。

武器は「言葉」、相手は史上最強最大の帝国。

元奴隷少年の、「知」で「血」を洗う歴史大河スペクタクル開幕――!

 

ヤンマガWeb  講談社より引用

 

 

中山今

【一言レビュー】

 

石田点先生の絵はいいなあ~!

前作は『テロール先生の怪しい授業』。細くも硬い線と漫画らしいケレン味のある迫力で「人の心の悪さ」の魅力たっぷり。

本作『ゾミア』は13世紀の戦乱のさなかということで、街の薄汚れたイメージや栄養状況の悪い人間の体つき、溢れる血液、そして目の周りの真っ黒なフチ(↓引用を見てくれ!)など、仄暗いマインドが前面に出ていて大変見ごたえアリ!

 

 

邪悪さな心のうちを際立たせる「眼のふちの黒」。

『ゾミア』浅村壮平/石田点 講談社より引用

 

また話にちりばめられる歴史豆知識に脳汁がドンドン出る!!

 

  • 仕事の給金としての「塩」
  • 「ツバメに油をしみこませて火をつけて放つ」(マジで!?)という空襲の方法
  • 「歌」を記憶術として用いるモンゴル騎兵

 

などなど、トンデモない情報が無造作・豪華に盛り込まれていてたいへん楽しい~ッ!

 

 

1話目、主人公の「言語の天才」ネルグイは、「誰よりも強い」盟友バートルと生き別れに。

鎖につながれ捕らわれた少年は、このあとどのような戦いを展開するのか。

言語と知を軸に展開するであろう13世紀モンゴル~中国近辺物語。なんだったら関連書などを読みつつお待ちしてます!おっもしろそー-う!!

 

 

盟友と生き別れになり、鎖につながれた少年の戦いとは。

 

『ゾミア』浅村壮平/石田点 講談社より引用

 

 

 

『ゾミア』掲載のヤングマガジン 2022年13号はこちら 

 

 

この『今週の新連載』記事は毎週火曜日12:00に公開しています。

 

また来週も気になる新連載の一言レビューを掲載します。ぜひ覗いてみてくださいね!

 

↓Twitterで記事更新のお知らせをしております。良ければフォローよろしくお願いいたします↓

@mangatari_

 

前回の記事はこちら

【最近の新連載ショートレビュー】2021年12月~2022年2月新連載17本まとめ!ドキドキ新連載・バキバキ新連載などエモーション別にご紹介します!

2022年2月22日

 

(中山 今)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください