【最近の新連載ショートレビュー】『再生のウズメ』天堂きりん(FEEL YOUNG)~12年引きこもって40歳。子ども部屋おばさんの未来が見えない~

 

中山今

こんにちは、漫画の新連載を共有しまくりたい!

マンガフルライター中山今です。

↓こんな記事を書いています↓

『ブルーピリオド』美術スポ根って?1960年スポ根概念と比較する、令和の「スポ根美術」ガイド~『あしたのジョー』の実例を添えて~

2021年10月8日

 

この記事では最近始まった漫画新連載をショートレビューでご紹介します。

気に入る新連載を探すきっかけにしてみてくださいね。

 

  1. TOP絵
  2. 作品詳細 
  3. 媒体記載あらすじ
  4. 一言レビュー

 

でご紹介します!

1、2月3週目の漫画新連載紹介~『再生のウズメ』他人事じゃないッ!社会のレールから外れた40歳女性ニートに40歳ライターが震える~

 

 

『再生のウズメ』天堂きりん FEEL YOUNG (フィールヤング) 2022年 03月号 祥伝社より引用

 

タイトル 『再生のウズメ』
作者 天堂きりん
連載開始 2022年2月8日
掲載媒体 FEEL YOUNG

 

 

【媒体記載あらすじ】

働いたら負け。

部屋に閉じこもって12年。

破れた夢を消化できないまま…。

FEEL YOUNG 2月号(次回予告ページ) 祥伝社より引用

 

 

中山今

【一言レビュー】

 

田村ウズメは40歳。

子役から女優を目指し、28歳の時に挫折。

その後実家に引きこもり、2~3か月療養する気がふと気づけば働かずに12年・・・。

 

いわゆる「子ども部屋おばさん」が主人公の漫画です。

 

「70歳の実父から働くことを催促される」「映画を観ては超辛辣にこきおろしたレビューをアップするのが日課」「部屋が超汚い」と、1話目にしてこじれきったニートの地獄が伝わってきます。

 

散乱するペットボトル、コンビニ袋の取っ手を結んで放置しているゴミ。自身の尊厳を損なうセルフネグレクト状態。

『再生のウズメ』天堂きりん FEEL YOUNG (フィールヤング) 2022年 03月号 祥伝社より引用

 

親御さんの気持ちを考えるといたたまれなくて泣きそうですが、ではウズメの気持ちになったときはどうなのか。

 

実はライターは同情的、というよりむしろ「自分がそうなっていた可能性」を感じてとても他人事じゃありませんでした。

 

ライターも正に40歳。いわゆる「就職氷河期」世代で、友達全員、就活に苦労していました。

ただライターは学生時代から劇団に入っていたため、希望の持てない就活から目を背け、なし崩し的に演劇の道に入りました。

アルバイトで糊口をしのいでいましたが、平日・休日問わず長時間の稽古(=休み)が必要で、アルバイトで長期間務めていても責任のある立場にはなれません。

見切りをつけて辞めた演劇はなんの社会経験にもならず、履歴書を埋めるのに四苦八苦した苦い思い出があります。

 

ウズメとライターの状況が似たものなのかは断定できませんが、感じるのは「ライターも劇団辞めた時引きこもってたらウズメのようになってたかもしれない」という戦慄の納得感。

元から就労が簡単ではない世代が夢破れ、ちょっと休んだ。そのつもりが12年が経っていた。

12年も!?と思いつつ、面接後落とされるダメージや就労経験の浅さを問い詰められる情けなさは思い出したくもないしんどさです。

来月がんばる、半年後がんばる、1年後頑張る・・・と、ずるずる12年経ってたのかな、とも思うのです。

 

ライターほど状況が重ならなくとも、この不景気で「自分がニートになっていたかもしれない(なっていた時期があった)」という恐怖はかなり現実的なものじゃないかな・・・と思います。

 

1話目では、ウズメのどうしようもない現状とウズメの過去が描かれます。

そしてウズメの家に、「ある」業者の男性が訪ねてくるところで終わっています。

訪ねてきた男性の目的はいったい何なのか。このあとウズメは再生することができるのか。

 

あまりにも生々しい子ども部屋おばさんストーリー。恐る恐る追いかけてみたいと思います・・・。

 

 

『再生のウズメ』掲載のFEEL YOUNG (フィールヤング) 2022年 03月号はこちら


FEEL YOUNG (フィールヤング) 2022年 03月号 [雑誌]

 

 

 

この『今週の新連載』記事は毎週火曜日12:00に公開しています。

 

また来週も気になる新連載の一言レビューを掲載します。ぜひ覗いてみてくださいね!

 

↓Twitterで記事更新のお知らせをしております。良ければフォローよろしくお願いいたします↓

@mangatari_

 

前回の記事はこちら

【最近の新連載ショートレビュー】『超恋愛体質ひとみちゃん』三浦よし木(路草)~作品内と、読者。2つのリアルにアクセスしてくるかわいい恋愛物語~

2022年2月8日
(中山 今)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください